超音波で肝臓の硬度を測り、線維化を評価する「組織弾性イメージング法」が専門医に人気だ。肝生検と異なり非侵襲的に行えるため、肝硬変などの慢性肝疾患の治療経過観察や予後予測に威力を発揮している。

超音波で肝線維化を評価の画像

ログインして全文を読む