iPS細胞から作製した細胞や組織を臨床で使おうとする場合、問題となるのは腫瘍化などのリスクをいかに低くできるか。その点で、いち早く臨床研究のスタートが見込まれるのは加齢黄斑変性に対する網膜色素上皮細胞の移植だが、iPS細胞から血小板製剤を作る技術も早期の実用化が有望視されている。

血小板生産にも期待、卵子・精子への誘導もの画像

ログインして全文を読む