欧州で使用されるようになってから4年、ようやく日本にもMRI対応型のペースメーカーが登場した。10月1日から日本メドトロニックが発売した「Advisa MRI」を植え込んだ患者には、一定の条件は付くものの、MRI検査が行えるようになる。保険償還価格は108万円で、従来型のペースメーカーに比べて8万円高くなるが、患者に大きなアドバンテージをもたらしそうだ。

MRI検査が可能なペースメーカーが登場の画像

ログインして全文を読む