心臓血管外科医を志すも、地域医療に携わる夢を捨てきれず徳島の無医地区で開業。真摯に目の前の症例に向き合い、新しい疾患を発見した。日常診療の傍らで研究を続け、疾患概念や治療法の普及啓発に貢献した。

診療の第一線で日本紅斑熱を発見 研究活動を続け疾患概念を確立の画像

ログインして全文を読む