DPP4阻害薬を用いて、2型糖尿病患者をインスリン注射から離脱させるケースが増えている。検査値をチェックしながら内服薬を調節すれば、高血糖や低血糖のリスクを避けながら離脱させることが可能だ。

DPP4阻害薬で脱インスリンの画像

ログインして全文を読む