ノーベル生理学・医学賞を受賞する京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏は10月12日、横浜市で開催されたBioJapan2012のセミナー「iPS細胞研究アップデート」に登壇。日経BP社特命編集委員の宮田満との対談の中で、iPS細胞の課題について、「基礎研究」「臨床応用」「産業化」のそれぞれについて見解を示した。

iPS細胞の臨床応用、リスク管理の2つの条件の画像

ログインして全文を読む