ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥氏は2012年10月11日、日経バイオテクのインタビューに応じ、iPS細胞の臨床応用の計画などについて語った。

「iPS細胞の作製技術と同様に評価技術も重要」の画像

ログインして全文を読む