2012年のノーベル生理学・医学賞を英ケンブリッジ大学教授のJohn B. Gurdon氏とともに、京都大学iPS研究所長の山中伸弥氏が受賞した。対象となった功績は、“for the discovery that mature cells can be reprogrammed to become pluripotent”(成熟した細胞が多能性を持つようにリプログラムでき得ることの発見)だ。

「山中4因子」はこうして発見された!の画像

ログインして全文を読む