国立成育医療研究センターなどが8月末、母体血漿中の胎児DNAによる新しい出生前検査の実施計画を公表した。ただ、安易に行われて人工妊娠中絶が増えると報道されたことで、そのあり方が問われている。※日経メディカル2012年10月号「ニュース追跡」の記事に一部加筆しました。

ログインして全文を読む