発光ダイオード(LED)液晶ディスプレーのテレビやパソコン、スマートフォンなどの普及に伴い、ブルーライト(青色光)が及ぼす人体への影響が懸念されている。発光源の液晶画面を見続けることで、眼精疲労を助長したり黄斑変性症を進行させる可能性があるからだ。

ログインして全文を読む