今年7月、内視鏡処置時の抗血栓薬の休薬に関する新しいガイドラインが公表された。抗血栓薬を継続したままできる処置の範囲を広げ、内視鏡下生検や消化管ステント留置なども休薬せずに施行してよいとした。

抗血栓薬の休薬基準が緩和の画像

ログインして全文を読む