日本うつ病学会は7月末、大うつ病性障害に関する治療ガイドラインを発表した。重症度別に治療法を提示し、軽症うつ病の診療では傾聴・共感の姿勢が重要であり、安易な薬物療法は避けるべきとした。

日本うつ病学会が初のうつ病治療指針の画像

ログインして全文を読む