救急患者の蘇生時に必須の治療法として、広く普及している脳低温療法。1950年代に研究されたが、体への悪影響が強く、一旦は廃れた。患者のデータを徹底的に分析し欠点を克服、それをよみがえらせた。

脳低温療法を独自の手法で確立 世界の救命現場で必須の治療法にの画像

ログインして全文を読む