医師と製薬企業との関係を透明化する流れの中で、大学の臨床研究を資金面で支えてきた寄付金が減っている。企業からの臨床研究への助成は、目的や使い道を指定した契約に基づく形が主流になりそうだ。

臨床研究の助成は寄付から契約へ移行の画像

ログインして全文を読む