今年5月、大阪市の校正印刷事業所の元従業員に胆管癌が多発している事実が発覚した。これを機に全国で計24人の発症が判明。印刷機の洗浄剤が原因との指摘があり、厚生労働省や学会が解明に乗り出した。

印刷事業所で胆管癌が多発の画像

ログインして全文を読む