従来、自己免疫性膵炎、ミクリック病、後腹膜線維症、炎症性偽腫瘍などと呼ばれていた疾患が「IgG4関連疾患(IgG4-related disease)」という一つの疾患概念に統一できることが、この十数年の日本人を中心とする研究で分かってきた。間質性腎炎や間質性肺炎の一部も同疾患と考えられている。

ログインして全文を読む