奈良地裁は6月22日、山本病院(奈良県大和郡山市)元理事長の山本文夫被告に禁錮2年4カ月の実刑判決を下した。経験不足の上に不十分な体制で肝腫瘍の摘出術を行い、患者を失血死させたと認定した。

ログインして全文を読む