イレッサ訴訟で大阪高裁は5月、患者の遺族らの訴えを棄却した。同高裁は、販売元が承認時に致死的な間質性肺炎の副作用を予見するのは難しく、注意喚起が不十分だったとはいえないと判示した。

イレッサ訴訟、原告逆転敗訴の画像

ログインして全文を読む