メスや鉗子を遠隔操作して行うロボット手術が、泌尿器科や消化器外科などで広がっている。従来の手術より合併症リスクが低いことも分かってきた。ただ、高額な費用を保険で賄うことには疑問の声もある。

急速に広がるロボット手術の画像

ログインして全文を読む