外傷による大量出血は凝固障害を生じやすく、早期に止血できるかどうかが患者の生死を分ける。カテーテルで塞栓物質を流し込んで止血する血管内治療が、外傷診療で威力を発揮し始めている。

内臓出血にカテ治療が威力の画像

ログインして全文を読む