今年度の診療報酬改定で新設された「一般名処方加算」。後発医薬品の使用促進を目的とする加算だが、先発品と後発品の適応症の違いが原因で、レセプトが査定されかねないという問題が生じている。

ログインして全文を読む