標的分子の発現や遺伝子変異の有無、薬物代謝酵素の遺伝子多型などを調べ、薬剤の有効性や副作用を予測するために使われるのがコンパニオン診断薬(Companion Diagnostics)だ。薬剤とセットで使われることから、こう呼ばれる。

ログインして全文を読む