光干渉断層撮影(OCT)の冠動脈への応用が進んでいる。血管内超音波(IVUS)の10倍の解像度を持ち、破綻しやすいプラークや血栓も検出可能。手技がより簡便な新モデルも登場し、普及が期待される。

光干渉断層撮影(OCT)で動脈硬化の性状判定の画像

ログインして全文を読む