タレントなどを起用して一般の人々への疾患啓発を図る製薬企業の広告が急増している。患者の治療への理解の促進や早期発見につながる一方で、治療が不要な人の受診を惹起する面もあるようだ。

製薬企業の疾患啓発CMで患者に変化の画像

ログインして全文を読む