東日本大震災の被災地においても、心血管イベントのリスク増大が懸念されている。対策が急がれる中、災害医療支援の現場からは、血圧の管理目標140/90mmHg未満、質の良い睡眠の確保、徹底した減塩の実施、2週間ごとの血圧の再評価などの提言が出されている。

災害時の血圧管理で提言、目標140/90mmHg未満の画像

ログインして全文を読む