昨秋、画像診断装置メーカー・フィリップスのオランダ・ベスト工場を本誌記者が訪れ、MRI工場及びMRI研究開発センターを取材した。フィリップスは昨年5月、世界で初めてフルデジタル化を実現した3テスラの「ingenia 3.0T」を日本でも発売、高磁場MRIの販売に力を入れている。同社ヘルスケア部門(Philips Healthcare)でMRIの研究開発を担当するOlaf Such氏と、グローバルの販売部門のJurnjan van den Bremer氏の2人に、MRIの今後の方向性などについて聞いた。

「将来、CTはMRIに置き換わる」の画像

ログインして全文を読む