ビタミンD欠乏による低カルシウム血症やくる病を発症する乳幼児が増えている。主な原因は、完全母乳栄養の推奨や日光浴の減少だ。日本では診断・治療の手段が限られており、正しい指導が求められる。

乳幼児のくる病が増えた理由の画像

ログインして全文を読む