腰部脊柱管狭窄症は、腰部の神経圧迫によって脚のしびれ・痛み、歩行障害などを来す一連の症候群である。また、ロコモティブシンドロームの主要な要因としても知られている。本年作成された新しい「腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン」の主な内容を紹介するので、日々の診療の一助としてもらいたい。

腰部脊柱管狭窄症 − 新しい診療ガイドラインからの画像

ログインして全文を読む