今年9月、リナグリプチン(商品名トラゼンタ)が発売され、わが国で使えるインクレチン関連薬は6成分になった。それぞれの薬剤プロファイルは異なり、糖尿病の病期や合併症に応じた使い分けが重要だ。

DPP4阻害薬は早めに使うの画像

ログインして全文を読む