ALK阻害薬は、未分化リンパ腫キナーゼ(anaplastic lymphomakinase:ALK)を阻害する新規の分子標的治療薬だ。非小細胞肺癌患者の一部に対して高い有効性が期待されている。日本の研究者による研究成果が開発を加速したことも話題になっている。

ログインして全文を読む