東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市では、地域の需要をくみ取って在宅医療を提供する独特の医療支援が続けられてきた。支援は8月末で終了し、同市の在宅医療は正念場を迎える。

気仙沼に在宅医療は根付くかの画像

ログインして全文を読む