「抗HIV治療ガイドライン」は年1回アップデートが行われており、今年度版は2011年3月に発表された。今回の改訂では、無症候患者の治療開始時期がより早期になった。また、さまざまな治療薬の開発により、適切な治療を行えば、AIDS発症を完全に抑制できるようになっている。

抗HIV治療は年々進化、長期コントロール可能にの画像

ログインして全文を読む