小児において発熱を伴う気道感染症の場合、多くはウイルス性で、対症療法が中心となるものが多い。ただ、一部には重篤な疾病が隠れているため、鑑別診断が重要だ。迅速診断キットやX線画像、血液検査などを活用した鑑別ポイントを解説する。

発熱を伴う小児の気道感染症を診るコツの画像

ログインして全文を読む