X線撮影にDR(digital radiography)を導入する動きが広がっている。DRではX線エネルギーを電気信号に変換してデジタル画像を構成する。被曝線量を抑えながら高い画質を得られることなどが特徴だ。

X線撮影は低線量・高画質のDRの時代への画像

ログインして全文を読む