今年9月、甲府市の市立甲府病院が小児への核医学検査で過剰な放射性医薬品を投与していたことが判明した。背景には、投与量の設定などを放射線技師に任せきりにしていたずさんな管理体制があった。

ずさんな管理体制が招いた放射性医薬品の過剰投与の画像

ログインして全文を読む