うつ病の症状の1つに不眠があるといった認識が、これまでは一般的だった。不眠に伴い、うつ症状を訴える患者は適正な睡眠時間・リズムを確保することで、抗うつ薬を処方しなくても、うつ症状が改善するケースが少なくない。

適切な睡眠の確保がうつ症状を改善させるの画像

ログインして全文を読む