一昔前まで、膵石や石灰化がない限り画像診断は難しいとされていた慢性膵炎。超音波内視鏡検査(EUS)などの性能向上により、これまで診断が難しかった早期の慢性膵炎を拾い上げられるようになった。

慢性膵炎は画像で診断をの画像

ログインして全文を読む