血中の細胞障害物質「アクロレイン」を測定し、脳梗塞の発症リスクを評価する検査技術が開発された。採血だけで結果が分かる簡便さから、健診や人間ドックの検査項目に採用する施設が増えている。

健診に脳梗塞マーカー登場の画像

ログインして全文を読む