行政刷新会議の決定に基づき先進医療の制度の見直しを迫られた厚生労働省。実施要件の一部緩和という最低限の変更にとどめ、規制改革派が求める混合診療の全面解禁をかわす案をまとめた。

ログインして全文を読む