慢性の水様性下痢の原因としてcollagenous colitisが注目されている。日本では、ランソプラゾールやNSAIDs、アスピリンなどを併用している患者での報告が多い。水様性の下痢が続く患者に対しては、服用薬をチェックし、疑わしい薬剤を中止してみるなどの工夫を行いたい。

慢性下痢の陰にcollagenous colitisの画像

ログインして全文を読む