5月13日、宮崎県小林市に住む15歳の男子高校生が髄膜炎菌感染症で死亡した。宮崎県によると、同じ高校の関係者7人からも髄膜炎菌が検出され、生徒含め3人が髄膜炎菌性髄膜炎を発症していた。

ログインして全文を読む