プロカルシトニン(PCT)は、分子量約13KDaのカルシトニンの前駆蛋白質で、主に救急医療の現場でウイルス感染か細菌感染かの早期診断マーカーに利用されている。敗血症の患者などで測定され、細菌性と分かれば、より早期に的確な抗菌薬を投与できる。

ログインして全文を読む