心筋トロポニンの高感度測定系が普及し始めている。超急性期心筋梗塞で偽陰性が出やすかった従来の測定系の欠点を克服。心不全や心筋炎など、他の心疾患の診断・予後評価への応用も期待される。

使える高感度トロポニンの画像

ログインして全文を読む