日本医療安全調査機構の理事会は4月、医療事故調のモデル事業を縮小する案などを打ち出した。背景には、政権交代で医療事故調の議論が中断し、予算確保の見通しが不透明になったことなどがある。

ログインして全文を読む