東日本大震災により、学術集会や総会の開催中止や延期が相次いだが、ここにきてプログラムを一部変更して開催する方向で準備を進める学会が増えてきた。5月13日から15日にかけて東京都内のホテルで開催される第97回日本消化器病学会総会もその1つ。会長を務める日比紀文氏に、開催を決めた理由や大震災により参加できない医師への対応策などについて話を聞いた

学会は医学を追究する場なので開催すべきと判断の画像

ログインして全文を読む