国土交通省は2月8日、厚生労働省と連携して「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正案を国会に提出した。同法案に盛り込まれた新しい住宅制度が、サービス付き高齢者向け住宅だ。

ログインして全文を読む