リハビリの重要性を痛感し、脳外科医からリハビリ医へ転身。病棟での多職種リハビリを提唱し、「回復期リハビリ病棟」創設に尽力。急性期から在宅期まで切れ目なく支えるリハビリシステムを築いた。

寝たきり患者をつくらせない、リハビリのシステム構築に尽力の画像

ログインして全文を読む