日本の医師免許を持たない外国人医師や歯科医師が、国内で診療することを可能にするのが臨床修練制度だ。「外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第17条等の特例等に関する法律」に基づいており、外国人医師らに日本の医療技術を学んでもらうことが目的。厚生労働相が指定した臨床修練病院において、指導医の下、最長2年間、処方箋の交付以外の診療ができる。

ログインして全文を読む