心房中隔欠損症の女児が術中の医療事故で死亡した、2001年の東京女子医大事件を覚えている方は多いでしょう。私はこの事件で大学から事故責任を押し付けられ、逮捕・勾留されました。05年の一審、09年の控訴審で無罪判決を受け、09年4月には検察が上告を断念し無罪が確定しました。しかし、でたらめな内部報告書をまとめ、私が罪に問われる原因を作った同大への怒りは収まりませんでした。

東京女子医大が「衷心から謝罪」、10年に及ぶ長い闘いに区切りの画像

ログインして全文を読む