産科医療補償制度が始まって丸2年が経過した。補償件数に比べて保険料の剰余金が多いとの指摘がある一方、補償事例の分析が進み、患児が脳性麻痺に陥った医療事故の傾向が徐々に分かってきた。

3年目迎えた産科補償制度の画像

ログインして全文を読む